diabetesian’s blog

糖尿病専門医、草加市、内科

甲状腺が腫れていると言われたら

f:id:diabetesian:20170730201954j:plain

健診や人間ドックで、甲状腺の腫れを指摘される方がいらっしゃると思います。

 

その際、どういったことを心配すればいいのかおおまかにお伝えします。

 

 

① まず本当に腫れているのか、腫れているのは甲状腺なのか確かめてみましょう。触診で甲状腺が本当に腫れているかどうか判断するのは、熟練した医師でも難しい場合があります。実際は腫れていない場合もよくあります。甲状腺の超音波検査を施行すれば、確実にわかりますので一度は実施しましょう。痛みもなく簡単な検査ですのでご安心ください。

 

② 甲状腺が腫れていると判明した場合、大まかにわけて2つのことを考える場合があります。

  A .  甲状腺が全体的に腫れている

  B .  甲状腺に出来物(腫瘍、嚢胞、過形成など)が出来ている

 

Aの場合、代表的な病気としては、橋本病、バセドウ病などが挙げられます。これらの病気の場合、甲状腺の働きに異常を伴う事がありますので、採血検査で甲状腺ホルモンを確認する必要があります。また両疾患ともに、自分の甲状腺に対する自己抗体が出来てしまう病気ですのでこれも採血でチェックする方が望ましいです。

大体1週間で採血結果がでます。

 

Bの場合、代表的には甲状腺癌、腺腫瘍甲状腺腫などが考えられます。サイズが大きく、形がいびつで砂粒のような石灰化を伴うようなものであれば甲状腺癌の可能性がありますので、穿刺吸引細胞診という検査が必要になる場合があります。

腺腫様甲状腺腫など良性と思われる場合は3ヶ月〜1年に1回程度超音波検査でサイズの変化を経過観察していく事になります。

 

 

甲状腺が腫れているかもしれない、と指摘された方はお気軽に受診してください。基本的には採血検査と超音波検査を行う事で大抵の甲状腺疾患の診断が可能です。

穿刺吸引細胞診や手術、アイソトープ検査(テクネシウムシンチ)などの精査が必要になる場合は、高次医療機関と連携をとっておりますのでご安心ください。

糖尿病と癌について

糖尿病患者さんの注意する事と言えば、特有の慢性合併症(神経障害、網膜症、腎症など)が頭に浮かびますが、実は癌が増える事が判明しています。

 

下の図は、糖尿病患者さんの死因の統計ですが、癌(悪性腫瘍)が1位となっています(これは、日本人全体の死因1位と同じです)。ところが、問題なのは、糖尿病患者さんは、そうでない人に比べて癌になる確率が高いということです。

 

        日本人糖尿病患者の死因

f:id:diabetesian:20180114223500p:plain

                      日本糖尿病学会誌50(1) 47-61 2007

 

 

これはアメリカのものですが、糖尿病と癌のリスクについてのデータです。

f:id:diabetesian:20180114224826p:plain

              Johnson J:ADA 70th Scientific Sessions, 2010,Orland

日本では糖尿病で特に増えると言われるのが、肝臓癌(肝細胞癌)、膵臓癌、大腸癌と言われていますが、その他の癌も増える傾向が認められます。個人名を確証がなく挙げるのはどうかと思いますが、先日亡くなられた野球の星野監督も長年糖尿病を患っていたとの情報を見ました(これにつきましては真偽は不明です)。

また上の表では前立腺癌が唯一リスク低下(減る)傾向となっていますが、これは糖尿病患者において男性ホルモンが低下することとの関連が指摘されています。

 

米国糖尿病学会と米国癌学会が合同でコンセンサスレポートを発表

f:id:diabetesian:20180114225333p:plain

Giovannuci E,Cancer J Clin,60,4,2010/Giovannuci E;Diabetes Care,33,1674,2010

 

このような状況を受けて、上記のような提言が出されています。

現代医学においても、100%の確率で早期癌の発見は難しいのは事実です。糖尿病患者さんは、必要以上に恐れることはありませんが、定期的ながん検診を受けましょう。

 

当クリニックでは、少なくとも市のがん検診(肺癌、大腸癌)、1年に1回の腹部エコー(当院で施行しています)は推奨し、症状や希望に応じて胃カメラ、大腸カメラ、CTなどの検査の推奨や紹介を行っていく方針です。

 

広告を非表示にする

インフルエンザ流行期に入りました

f:id:diabetesian:20170211104504j:plain

 

今年は、A型とB型が同時に流行し例年より早く流行期に入っています。また、ワクチン接種をする方の多い11、12月にワクチンが充足していなかったため流行が広がりやすい可能性もあります。

インフルエンザワクチンの接種を済ませていない方は、まだ多少の在庫がありますので、早期のワクチン接種をお勧め致します。

新年あけましておめでとうございます。

 

f:id:diabetesian:20180102195844j:plain

昨年2月にクリニックはスタートしましたが、おかげさまで新年を無事迎える事ができました。

今年も、より一層患者さんの健康に貢献出来るよう、スタッフ一同取り組んで参りますので、宜しくお願い致します。

血糖値が良くならない時に考えるべきこと(再掲)

f:id:diabetesian:20170908080352p:plain

糖尿病患者さんが良好な血糖コントロールを保つのはそれほど簡単なことではありません。

糖尿病の外来を受診して血糖コントロールが悪化すると、主治医から「食事や運動をもっと気をつけなさい」と言われる患者さんが多いと思います。

もちろん、ストレスで食事が乱れたり冬場は寒さの影響もあって運動不足に陥ることが多いのは確かです。適切な食事療法、運動療法というのは糖尿病治療の根幹ですし、それはどんなに医学が発展しても変わらない事だと思います。

しかし、血糖値が悪化する原因として、食事と運動以外に考えなくてはならないことが何点もあり、医師としてはそれを見逃してはならないと思っています。

 

糖尿病は、年々血糖コントロールが難しくなっていく病気
⇒糖尿病発症時点で、血糖値を下げるホルモンであるインスリンを分泌する膵臓のβ細胞の機能は、糖尿病でない人の約半分になっているというデータがあります。要するに、「ちょっと糖が高い」とか「境界型」と言われている方でも、血糖値を下げる能力は高度に低下している事になります。そして、糖尿病を発症すると常に血糖値が高い状態になり膵臓は働き尽くめになります。年々膵臓は疲れ果て、果てはインスリンの泉は枯れていく事になります。

ですから、今通用してる糖尿病の薬も数年後には不十分となる事が当たり前の話なのです。

 

患者さんにあった薬や治療法が選択されていない
⇒明らかにメタボで過体重の患者さんに、栄養指導なども行わず更に肥満を招くようなSU薬と言われるような薬のみで治療したとしたら、より糖尿病を悪化させるといっても過言ではありません。

逆に痩せ型でインスリン分泌が悪いこと(生活習慣に大きな問題はなく、遺伝的、体質的な問題が大きいです)が原因の患者さんに、「もっと食事を制限しろ、もっと運動しろ」といったら栄養失調になり健康を損ねる事は明らかです。

血糖値が高いといってもその原因は様々です。個々の患者さんに合った治療が選択されていない場合、「糖尿病治療」がむしろ糖尿病を悪化させることすらありえます。

 

インスリンの調整が適切になされていない
⇒インスリン注射をしている患者さんで、ずっと同じ単位の注射を何年もしている患者さんをみかけます。また、自己血糖測定をしているにも関わらず、ほとんど主治医に見せる事もなく、血糖値が高い事を確認するだけになっているケースもよく見かけます。

自己血糖測定をする大きな目的が、ある時点での血糖値がいつも高い場合、そこに効いているインスリンの量を調整して血糖値を改善していく事です。

「責任インスリン」ともいいます。例えば、超速効型インスリンは、食後1〜2時間の血糖値の責任インスリンです。持効型インスリンは、空腹時血糖値の責任インスリンです。

食後1〜2時間の血糖値がいつも200以上など高い場合は、食直前に打っている超速効型インスリンを増量しましょう。

朝(空腹時)の血糖値がいつも高い場合は、1日1回打っている持効型インスリンを増量しましょう。

もちろん、インスリンの調整も例外は多々ありますが(ソモジーなど)、まずは責任インスリンの原則で地道に調整していけば、ほとんどの患者さんで目標の血糖コントロールに近づけることが可能となります。

 

他の病気を併発している
⇒最も怖いケースですが、たとえば悪性疾患(がん)を発症したことで血糖値が悪化していることがあります。特に糖尿病では膵臓がん、肝臓がん、大腸がんの発症率が増える事が知られています。血糖値が急に悪化した場合、これらの病気が隠れていないか速やかに調べる事が必要です。

 

血糖値に影響する薬を飲んでいる
⇒他科で処方されている薬で血糖値が悪化していることが良くあります。

代表的なのがステロイド剤、抗精神病薬です。患者さんが他科を受診している場合、服薬内容を必ず確認する必要があります。

 

 

自戒の意味も込めてですが、血糖値が悪化した患者さんに出会った時、すぐに患者さんの不摂生が原因と決めつけてはいけません。日々、糖尿病は難しい病気だと実感する次第です。

11/14は世界糖尿病デー

f:id:diabetesian:20171114080732p:plain

2006年12月

結核マラリアエイズHIV)などの感染症以外では初めて、

糖尿病が全世界、人類の脅威であるとの決議を国連が採択。

2007年から11/14を世界糖尿病デーと制定しブルーライトアップが

日本、世界中で行われています。

最新の国民栄養調査では、とうとう糖尿病の人(強く疑われる人)が1千万人、境界型の人が1千万人と計2千万人を越えています。日本においても国民病ともいえる状況になってきています。

HbA1cが高いまま推移している、治療を中断してしまっている、健診でひっかかったけど見てみぬふりをしている・・・・こういった方は早めに医療機関を受診してください。

 

f:id:diabetesian:20171114080743p:plain

糖尿病の「遺産効果」「高血糖の記憶」とは

f:id:diabetesian:20171013170618p:plain

 

上の表では、青い線が早期の糖尿病治療を開始した人、紫の線が糖尿病初期には放置していて、後から治療を開始した人に相当します。紫の人も、数年が経過して合併症が出現してくる頃になると、糖尿病治療に取り組むようになり、その後はどちらの人も同じくらいのHbA1cで推移しています。

 

ところが、合併症の発生率を見てみると、初期段階で放置していた人では、いくらその後血糖値を良好に保っていたとしても、長年に渡ってそのツケが回ってくる事がわかります。逆に初期から良好な血糖コントロールを保っていた人は、合併症の発生率は低いまま推移している事が分かります。

このように糖尿病初期に頑張った成果は年余に渡ってつづくことを、英語ではLegacy effect(遺産効果)と言います。逆に、どのくらいの高血糖に、どのくらいの期間暴露されたかによってその後の糖尿病合併症の進行が左右されることをMetabolic memoty(高血糖の記憶)と言ったりもします。Legacy effect、Metabolic memoryともに本質的には同じ事を言っています。糖尿病では、いかに初期から良好な血糖値を保つ事が大事かという事です。