diabetesian’s blog

糖尿病専門医、草加市、内科

オゼンピックの痛み対策について

f:id:diabetesian:20210714174305p:plain

6月から長期処方可能となった週1回注射タイプのGLP-1受容体作動薬であるオゼンピックですが、注射時の痛みを訴える方が比較的多い印象です。痛みのために中止となった方はお一人だけでしたが、同様の週1回のGLP-1受容体作動薬であるトルリシティよりは痛いという方がいます。

ほとんどの方は問題なく使用されていますが、痛みが強い方に向けての記事となります。

 

痛みを抑えるためのポイントとしては

 

①注射前に冷蔵庫から取り出し、室温に戻してから使用する

 

②腹壁に対して直角になるように注射する。これにより液漏れする可能性も減ります

 

③注射部位をあらかじめ強く押しておく、冷やしておく、つまんでおく

 

④腹部の痛みが強い場合は、大腿外側部、上腕外側部などを試す

 

⑤注射補助器具を試す(当院で導入の方で希望者にはお渡ししています。現状数に限りがあります。)

 

⑥どうしても注射に抵抗がある場合、内服薬であるリベルサスへ変更する。ただし、今年11月までは2週間処方(新薬のため14日分までしか処方できません)となります。また内服方法も独特で起床時に空腹で内服し30分は飲食が出来ません

 

 

オゼンピックの効果自体は、血糖降下作用、減量効果含め非常に期待される薬剤ですので、注射の痛みをいかに抑えていくかも大事なポイントになるようです。今後、導入された方の血糖コントロール、体重減少につき非常に期待してフォローしていきたいと思っています。

チャンピックスを使用した禁煙外来禁煙外来の一時停止のお知らせ

禁煙外来治療薬のチャンピックスについてメーカーのファイザー社から一時出荷停止の連絡があり、新規の方に対する処方が出来なくなっています。つきましては、チャンピックスを利用した禁煙外来の受付を一時停止させて頂きます。

 

禁煙外来を継続中の患者様については、院外薬局の在庫があればチャンピックスの継続処方可能ですが、在庫切れの場合はニコチンパッチ製剤への変更、もしくは薬剤なしでの継続など個別に相談させて頂きます。

 

ニコチンパッチ製剤を用いた禁煙外来は新規受付が可能です。

 

ご迷惑をおかけしますが、御理解の程よろしくお願い致します。

 

新型コロナウイルスワクチン個別接種開始のお知らせ

当院においても、6月8日(火)から新型コロナウイルスワクチン(ファイザー社のコミナティ)の個別接種を開始しました。予約については、クリニックでは独自に出来ませんので、市の指定されたサイトで当院の予約枠をご自身でとっていただく形になります。予約についての電話でのお問い合わせはなるべくご遠慮ください。

 

これから少なくとも半年、もしくはそれ以上の期間行なっていく事になると考えられ、いかにその他の通常診療と並行して安全かつ確実に行なっていけるかが大事になってきます。接種される患者さんもスムーズな進行に御協力の程よろしくお願い致します。

新型コロナウイルス遺伝子検査が13分で出来るようになりました。

f:id:diabetesian:20210605072229j:plain


当院では、特に発熱外来は行なっていませんが、かかりつけの方などを対象に唾液採取によるPCR検査を業者に依頼しておりました。しかし結果をお伝えするのに1日半程度の時間がかかっており、タイムラグが問題となっていました。

これからワクチン接種が進みcovid-19が収束に向かう事を願っていますが、事態の長期化も想定しなければなりません。

そこで当院ではアボット社のID NOWという迅速検査機器を導入しました。

従来のPCR検査では数時間以上の検査時間がかかり当日の結果伝達が難しかった理由となっていましたが、この機器ではなんと13分という短時間で結果が判明します。

「等温拡散増幅法」を用いているためですが、PCR法と陽性一致率93.3%、陰性一致率98.4%とほぼ同等の精度となっています。厚生労働省認証済みです。

 

発熱などの症状のある方は、保険診療が可能です。

無症状の方は自費となります。(自費料金:9500円 診断書、税込)

陰性証明などにもご利用ください。

 

尚、発熱などのある方は、時間的、空間的な隔離をさせて頂きますので、直接来院せず、必ず電話でのお問い合わせを宜しくお願い致します。

 

令和3年度 特定健診・大腸がん検診について

令和3年度 特定健診、大腸がん検診(便潜血反応検査)が始まりました。

 

期間は、令和3年6月1日(火曜日)から令和3年12月17日(金曜日)までです。

 

特定健診については、期間内に受診すると、通常約1万2000円の自己負担額が無料で受診出来ます。大腸がん検診は500円となります(無料対象者あり)。

 

コロナワクチン接種(第1回目)の感想

医療従事者向けの第1回目の接種を受けてきた感想を述べたいと思います。

多くの方がなかなかワクチンを受けられない現状で先に打たせて頂くのは心苦しい面もありますが、多少の参考になるかと思いましたので記させて頂きます。ちなみに当初は3月に受ける予定でしたが、草加市への供給が遅れたようで予定より1ヶ月遅れての接種となりました。

 

接種の手順:まず予診票を提出、本人確認のためか氏名、住所の記入を再度行ない提出、次に写真入りの身分証明書を提出(運転免許証にしました)、医師の問診、注射、待機場所で15分程度待ち、最後に1回目の接種の証明となる印鑑をもらい終了でした。この用紙は2回目の接種時に持参が必要となります。

 

所要時間:30分弱程度でした。

 

注射の痛み:ほぼ全く痛みが無いといっても過言ではありませんでした。他のスタッフも口を揃えて同様の感想でした。コロナワクチンの液量が少ない事も影響しているようです。

 

注射後の副反応:打った直後は全くなにもなく拍子抜けといったところでしたが、数時間後から接種部位を中心に鈍痛があり、寝るときは注射部位を下にすると痛みがありました。注射した左腕を挙上する際に、不自由を感じる程度の痛みが続きます。全身の発熱などはなく、明らかな倦怠感なども感じませんでした。

 

2回目の方が、発熱などの副反応強く出るようですので、1回目は比較的問題ない方が多いようです。

GW明けから本格的に市の集団接種が始まりますので、順調にワクチンが供給され混乱なく進んでいくといいなと思います。