diabetesian’s blog

糖尿病専門医、草加市、内科

糖尿病の”6大合併症”

糖尿病とは合併症の病気だと言われます。

3大合併症は、「しめじ」で覚えてらっしゃる方も多いと思います。「し」が神経障害、「め」が網膜症、「じ」が腎症のことで、典型的には順番的にもこの通りに発症してきます。

最近は5大合併症と言われるようになりました。今度は、「えのき」で覚えてください。「え」が壊疽など糖尿病足病変、「の」「き」が脳梗塞狭心症など動脈硬化性疾患の事です。えのきと3文字なのに、2つじゃないかって思われるかもしれませんが気にせず覚えてください。

ところが最近は、6大合併症なんでいわれるようになりまして、あと1つ追加です。これが歯周病です。糖尿病患者さんは歯周病になりやすく(2.6倍なんて数字もあります)、また歯周病になると糖尿病のコントロールが悪化することが知られています。なんでかと言いますと、歯周病というのは歯周ポケットで細菌が悪さをして炎症が常に起きている状態です。この炎症(慢性炎症なんていいます)が、血糖を下げるインスリンの効きを悪くする(インスリン抵抗性)ことが知られております。ですので、糖尿病になったら歯周病のチェックが非常に重要ですので、歯医者さんとは仲良くしておきましょう。

歯周病の発症率、2型で2.6倍高く - 弘前大学企画 - アピタル(医療・健康)

 

最後にまとめ

3大合併症→し(神経障害)、め(網膜症)、じ(腎症

5大合併症→え(壊疽、糖尿病足病変)、のき(脳梗塞狭心症動脈硬化性疾患

6大合併症→歯周病が加わる。

肥満治療薬

以前は極端な肥満者に対してだけ(BMI35以上など)マジンドールという薬がありましたが、実際に使うことはほとんどなく、その効果も疑問符のつくものでした。

最近の新規糖尿病薬であるSGLT2阻害薬、GLP-1受容体作動薬(これはそれほど新しくありませんが)、リパーゼ阻害薬であるセチリスタットが、減量効果あり注目を集めております。

しつこいようですが、薬’だけ’でやせるものは、未だ存在しないわけですが、肥満外科手術とともに、今後内服薬が注目されていくのは間違いない事でしょう。

広告を非表示にする

デタラメ治療の結果 糖尿病で年間3000人以上が失明、足切断

news.livedoor.com

 

これも、やはり糖質制限の問題です。今後、こういった記事や書籍を読まれた患者さんの、自分の受けている治療に対する質問などが激増する事が予想されます。

糖質制限を知っていれば透析を遅らせた?

getnews.jp

 

最近のニュースで、たけし軍団のグレード義太夫さんが、糖尿病のコントロール不良で透析になったと報じていました。「自分は正しい知識を聞かされていなかった、だから透析にまでなってしまった」という趣旨の発言をされたようです。どういうことかと記事を読み進めてみると、いわゆる糖質制限の食事療法を教えてもらえなかったということらしいのです。(上の記事)

 

糖質制限について、とりとめもなく語ってみます。

まずグレード義太夫さんは、糖尿病腎症により透析にまでなって本当に気の毒です。当然、医療者ではないわけですから、悪い結果に至ってしまった今までの治療法を否定し、後悔するのも無理はありません。

一方で、糖尿病専門医としての率直な感想としては、「ここまで糖質制限という話題は浸透してきているのだなあ、今後の日常診療においても避けては通れない話題になっていくだろうなあ」という身の引き締まる思いです。

刻一刻と変わっていく糖質制限の是非に関する議論を、今後も追跡するとともに、少なくとも明らかに否定的なエビデンスがでるまでは、「穏やかな」糖質制限の指導を提案できるようにしていきたいと思います。

 

ただ、食事療法の優劣というのは本当に難しいのです。そう簡単に白黒のつく問題でありませんし、人間の体はHbA1cや体重だけでは測れない側面も多々あるはずです。

 

①本当に糖質制限食にしていれば、透析を防げたのだろうかという疑問、②そもそも主食(ごはん、麺類、パン等)を制限する糖質制限食を、現代の食生活の日本人が長期にわたって継続できるのかどうかという疑問、もあります。

①実際に長期間にわたり糖質制限食が継続できたとしても、ご自身でもおっしゃられているように食事量が非常に多い方ですから、タンパク質、脂質を中心にカロリー摂取は過剰になる可能性が高いと思われます。(ただ、糖質制限を推進してらっしゃる先生方は、そんなに肉ばかりたくさん食べられないから結果としてカロリー摂取は少なくなるとおっしゃっておりますが。)そうしますと、肥満を来たし、インスリン抵抗性(内蔵脂肪から出るホルモンでインスリンの効きが悪くなることが知られています)から血糖コントロールは困難になるはずです。また、肥満やそれに伴う高血圧自体が、腎臓を悪くする要因ですから、なかなかどうして事はそう簡単には運びそうにありません。また、一回腎臓が悪くなると、糖質制限は禁物です。

②現代の日本人の食事摂取の特徴として、非常に炭水化物に偏っていることが挙げられます。よって、主食を制限するように食事療法を継続するというのは、かなりの精神力を要すると思われますし、当然ドロップアウトも多くなるでしょう。

 

これからは、患者さんの希望や状況に合わせて治療法を選択していく時代になっていくのでしょうね。