diabetesian’s blog

糖尿病専門医、草加市、内科

FreeStyleリブレが2型糖尿病患者でも使いやすくなりました

f:id:diabetesian:20170427133214j:plain

 

2020年4月の診療報酬改定で、下記の点数が親設されました。

 間歇スキャン式持続血糖測定器によるもの 1250点(新設)

 

対象は、2型糖尿病患者で強化インスリン療法施行中、もしくは強化インスリン療法施行後に混合型インスリン製剤を1日2回以上行っている方です。

 

強化インスリン療法とは、基本的にはインスリン4回(もしくは5回)打ちの事です。

超速効型インスリンを食前に3回、持効型インスリン1回以上打つ方法の事です。

また混合型インスリン製剤とは2種類のインスリンがある比率で混和(主に超速効型と持効型、もしくは中間型)された製剤のことです。

 

したがって、インスリン注射が1回/日、もしくは内服の糖尿病薬で治療中の方は適応になりませんので、ご注意をお願いします。