diabetesian’s blog

糖尿病専門医、草加市、内科

肥満治療薬

以前は極端な肥満者に対してだけ(BMI35以上など)マジンドールという薬がありましたが、実際に使うことはほとんどなく、その効果も疑問符のつくものでした。

最近の新規糖尿病薬であるSGLT2阻害薬、GLP-1受容体作動薬(これはそれほど新しくありませんが)、リパーゼ阻害薬であるセチリスタットが、減量効果あり注目を集めております。

しつこいようですが、薬’だけ’でやせるものは、未だ存在しないわけですが、肥満外科手術とともに、今後内服薬が注目されていくのは間違いない事でしょう。

広告を非表示にする